Antique 旅日記

Part13 
                          

 (2005・Octoberイギリスにて)  



*Paris〜イギリス・ノッティンガムへ*


パリは快晴、イギリスも雨の日は1日もなく最高気温が22度
最低気温が12度〜14度ぐらいで、過ごしやすかったです。
若者は半袖姿が多く、Tシャツにジャケットを羽織る程度で十分です。
この時期は、湿度が高く、わりと蒸し暑く感じました。
まだ、紅葉しているところは少なく、青々とした草原で牧草を食べている
牛や羊の群れをたくさん見ました。



パリのシャルル・ド・ゴール空港より、小さな30人乗りの飛行機に、
歩いてタラップを登り、まもなく離陸、イギリスのノッティンガム 
イースト・ミッドランド空港に到着したのは、現地時間の21時前
(フランスとイギリスの時差は1時間)

入国審査はかなりしつこく聞かれた。
勿論フライトした人の中にアジアの人は一人もいませんし、
到着ロビーは寂しく、とんでもない田舎の空港に来てしまった!
外は真っ暗^^;
とても心細い気持ちになった。

Informationで聞けばノッティンガム駅まで“sky link”というバスが、
すぐ近くから出ると言う
発車前のバスに飛び乗ったが、怖そうな男が一人乗っているだけ
カーブでトランクが吹っ飛ぶ程の猛スビードで闇の中を走るバスの中で、
無事にホテルまでたどり着けるのか?
だんだん不安になってきた。

    

    
      イースト・ミッドランド空港
    
       ノッティンガムの中心街



 **ローカル電車に乗って**

イギリスはホテルだけでなく、乗り物の値段もとても高いですから
できるだけ、バスや電車があるところは利用することです。
タクシーだと、どこをどう走っているのかさっぱりわかりませんし、
料金も割高に取られる場合もあります
暗闇を走ったスカイ・リンクのバスは正解で、4ポンドでした。
 
バスもない田舎の町へは、タクシーの便しかない為、
仕方なく片道17ポンドを支払っていました
もったいないと思いながらも、「ここまではもう来る事はないだろうなぁ」と
いう思いがいつも脳裏をよぎります

ノッティンガムからストーク・オン・トレント迄の間に
Derby(ダービー)と言う町があります。
競争馬のダービーもこの地名から来たのでしょう
ロイヤル・クラウン・ダービーもこの地名からきたものです。
又、この町は日本企業もいくつかあり、ホンダとかスズキとか
自動車の営業所がありました。

列車はダービーから進行方向とは逆の方向を走ります。
知らない私は一瞬どきり☆としました。

北のLincoln(リーンカン)へは一両きりのローカル電車だったので
すごく混んでいました。

   
        ダービーの駅


   
      1両電車の中の混み様





***スージ・クーパーの故郷ストーク・オン・トレントを訪ねて


スージー・クーパーは生涯のほとんどを、
ストーク・オン・トレントのバーズレムという町で過ごしました。
スージーが学んだアートスクールや結婚後に住んだ家などが
彼女がいたころと、ほぼ変わることなく存在しています。

町には今でも古くからのポタリーが点在し、使用されていない煙突
『ボトルキルン』がそのまま保存されています。

町の外に一歩踏み出すと、スージーの感性をはぐくんだ、
緑豊かな田園風景が広がり、
スージーの絵柄になった野の花々が咲いています

しかし、スージーの故郷にもかかわらず、
最も多くデザインを手がけた1930年代の作品を
この町のアンティークSHOPで見ることはできませんでした。

何はともあれ、こんなに多彩な人の生まれ故郷を訪ねたことに
大きな喜びを感じました。


      
          Stoke on Trentの駅


      
            ボトルキルン
     




****イギリス中部のオールド・タウンをタクシーで巡る 


Old townをあちこち走ってくれたパキスタン人の
運転手さん 
大きな地震があった直後だけに、
パキスタンで暮らすお母さんの事を、とても心配していた。
帰りたいけれど、帰れないという意味らしい英語を話していた 
どこの国にいても、直接被災しなくても、
心の傷を負っている人がいることを知る。

彼はまじめな人で、アンティークの店がいくつもある町で、
3時間後 この場所へ迎えに来て欲しいと頼むと、
時間通りに来てくれたし、余分な料金は一切取らなかった。
この周辺のどこにSHOPがあるのかもよく知っていて、
私は本当にいい人に巡り会えてよかったです。


ストーク・オン・トレントを中心にタクシーで30分〜1時間余りの
オールドタウンと呼ばれる町や村には、
必ずアンティークSHOPがありました。
その多くは、古い歴史と伝統の国、
イギリスにふさわしい調度品が美しくディスプレイされています。

どの町々でも、新しい雑貨ショップが軒を連ね、
そのお品は癒し系の香料であったり、
ソープであったりして、流行に遅れてはいません。
古いものと新しいものとが、うまく調和しています。

お店のスタッフは、遠い日本からやって来た私に愛想よく
話しかけてくれます。
旅先で、優しい人々にふれあうたびに
気持ちが豊かになり、言葉は違っても、心と心は通じ合うことが
できるのだと思った。







     

     

     
       雑貨SHOPのスタッフ




*****ストーク・オン・トレントからの小さな旅、Leek(リーク)

歴史のある教会や建物が変わらぬ姿で息づいている町リーク
立ち並ぶアンティークショップでは、
本場のアンティークが楽しめます。

リークはこぢんまりした町。どこか懐かしい気分になれるのは、
古い木造りの建物の骨組みをそのまま生かして建て直された、
オールドティンバースとよばれる建物のせいかもしれません。






    



     



旅日記(Part12)を
ご覧になりたい方はこちらから 


2005・April イギリス・フランスにて