品番 FU−395
品名 ルイ15世様式ローボーイ
価格  \76,000
サイズ(cm) 別記のとおり
国名 France
年代  1900年初頭
 * * * order * * *
横幅:38.0 奥行:27.0 高さ:76.3
下から中段までの高さ:44.0 中段の間隔(高さ):21.5
引出しのサイズ(内寸) 横幅:27.3 奥行:20.0 深さ:5.8
フランスのルイ15世統治時代(1716年〜)に流行した様式を20世紀になって再現したマホガニーの家具
この時代の家具は王侯、貴族の権威を表す大ぶりで重々しい形の家具が主流でしたが、
ナイトテーブルやローボーイ(小ぶりなチェストの意味)は非常にフォーマルで、
装飾にはブロンズの金メッキが好まれました。
今回ご紹介の家具はナイトテーブル、サイドテーブルなどのローボーイ。。。と場所を選びません。
材質はオーク材にマホガニー材が表面のみ貼られているものと思われます。
よく見れば引出しの縁取りの部分や、側面に至るまで、繊細な装飾が施されています。
脚のシェーブ、下段の天板の下の湾曲したウェーブ、要所要所にルイ15世様式が取り入れられています。
脚の角の部分に縦に木の削げがあります。(画像参照)
よく見ないとわからない程度のものですので、見栄えには影響いたしません。
その他天板には小さなキズがポツポツとあります。時代相応のものとご理解くださいませ。
発送は宅急便扱いになります。





]









脚の部分の角に表面に張り合わせたマホガニー材の削げがあります
気にならない程度の状態です











order Home