品番 KT-2146
品名 バルボティーヌ
マジョリカ焼きプレート
価格   \6,900
サイズ(cm) 直径20㎝
国名 France
年代  1900年代初頭
 * * * order * * *
フランスのアンティークバルボティーヌ
フランス語「でこぼこ」という意味です。
起源はイタリアのルネサンスの華やかな16世紀頃、花や植物、魚などを本物そっくりに作り出したのがはじまりとされています。
フランスでは主な産地はロレーヌ地方。「ロレーヌのマジョリカ焼き」と呼ばれながら、
フランスのバルボティーヌとして19世紀後半~20世紀前半のアール・ヌーボの時代に特に人気を博しました。
自然を題材にしたブドウのデザインでお皿のデザインと調和して美しい色合いの絵皿になっています。
凹凸のバルボティーヌにありがちな凸の部分の擦れが見られますが、窯キズや欠け、チップなどのダメージありません。(画像参照)
ピンク色の小粒のブドウも可愛いです。
裏側にMAJOLICAマジョリカの文字が刻まれています。








リムの凸の部分に擦れが見られます







order Home