品番 JE-565
品名  アレキサイドライトリング
価格   sold
サイズ(cm) リングサイズ:15号 top部分の対角線W2,0
国名 England
年代  20世紀初頭
 * * * order * * *
イギリスの行きつけのアンティークジュエリーショップで買い求めました。
聞きなれない名前の宝石アレキサイドライトはロシアのウラル山脈の東側で1830年に発見され、当初はエメラルドと思われていました。
光の光線で青緑になったり黄緑~黄色に見えたり色の変化が美しく游色効果を楽しむことができる不思議な宝石です。
デザインは雪の結晶に7個の石が施されています。こちらは年代物のリングで今ではこのようなアレキサンドライトの石は採れないとのことです。
リングのシャンクは純銀で刻印は入っておりません。古い年代のリングは刻印がない物が多くみられます。
ボリームがあるリングでシャンクに縦筋が1本あるもののしっかりと爪留めされたいい状態です。(画像のケース入りでお届けします)

※アレキサンドライト(alexandrite)は、1830年ロシア帝国ウラル山脈東側のトコワヤのエメラルド鉱山(ロシア語版)で発見されました。
金緑石(クリソベリル)の変種。 発見当初はエメラルドと思われていたが、
すぐに昼の太陽光下では青緑、夜の人工照明下では赤へと色変化をおこす他の宝石には見られない性質が発見され、
珍しいとして当時のロシア皇帝ニコライ1世に献上されました。
このロシア帝国皇帝に献上された日である4月29日が、皇太子アレクサンドル2世の12歳の誕生日だったため、
この非常に珍しい宝石にアレキサンドライトという名前がつけられたとされています。(文献より)




















order Home