Antique 旅日記

直線上に配置
フレーム
フレーム
フレーム
   ホテルにて

朝食を頂くレストランいつも素敵なお花が生けてあります

壁にはケーキのレシピ
メモできるように
粋なはからい
こんなアイデアが宿泊する人の心を和ませます
直線上に配置
直線上に配置
アメリカ編(part3)

            パリの朝市

パリは何処かしこで朝市が開催されています。
青く晴れ上がったパリの朝、マロニエの木陰の朝市の屋台には、
もうつやつや光ったさくらんぼや、
乳白色のアスパラガス、潮の香りのするムール貝が
山のように並べられています。
買い物かごをさげて、市場の喧騒の中を気ままに歩いて見ました。
ミントやタイムやオリーブの香りを胸いっぱい呼吸しながら。
ちょっと変わった瓜のような形のスイカ
叔父さんが、その場で割って賞味させてくれました
甘いみずみずしさが口の中に広がり、焼きたてのフランスパンをかかえ、
香ばしい匂いに誘われてつい歩きながらかじる楽しさは、
フランスの食卓が見えてくる唯一の場所です。

   朝食のメニュー

朝食は楽しみの一つですが
ほとんど、毎日同じメニュー
今日は、クロワッサン
明日はフランスパンと、パンは何個
食べても飽きない
ヨーグルトの種類は豊富で
ダノンのイチゴ味やパイン入り
ヨーロッパの人は、パンよりも
ヨーグルトの方がお好きなようです

   ホテルの部屋

可愛いベットカバー
清潔なサニタリー
シンプルだけど綺麗な部屋
こんな部屋なら長くステイしたくなる

旅日記LETTER FROM U・S・A
アメリカ編(part3)を
ご覧になりたい方はこちらから

(パリの街角散歩)

          花のパリとアンティーク

右の写真は、いずれも歴史の舞台となった名所
1806年にナポレオンがフランス軍の栄光をたたえる寺院として
建設を発注したマドレーヌ寺院、
マーガレットの花がいっぱい咲いていました
バスチーユ広場、そして若き建築家が生んだ壮麗な
大劇場オペラ・ガルニエ

初めは一つ、また一つと買い集めたアンティークが
飾り棚を満たしていきます
一つだけより二つ、三つ並べば、仲間がふえてうれしそう
アンティークを現代の生活の中に甦らせるのは
私たち自身です
フランス生まれのアンティーク一つ一つの歴史は、まさしくこの
名所のように、いつまでも愛され続けることと思います。


Part10